グラブパイ とは

グラブパイとは?初歩から解説します!

 

2015年に陽の目を浴びたグラブパイ。

 

多くのヒョウモントカゲモドキ(レオパ)飼育者に人気ですが、今回はそのグラブパイについて改めて解説していきます。

 

グラブパイ,

 

アメリカで作られたレパシーのグラブパイは、昆虫を主食とするフトアゴヒゲトカゲやアオジタトカゲを代表とする爬虫類の主食にもなるゲルプレミックスです。

 

グラブパイは、高品質なハエの子供を粉末にしています。

 

ハエの子供というと驚きますが、それでも栄養価が高いことには間違いありません。

 

今までの人工飼料は消化がし難いという欠点がありました。

 

過去にも人口フードは色んなものが販売されてきましたが、グラブパイほど多くの飼育者さんが手にとった物は無いのではないでしょうか。

 

このグラブパイは消化に良い餌ですから、主食として安心して与えられます。

 

ちなみにトカゲやヤモリなどの爬虫類だけでなく、カエルやサンショウオオなどの両生類や鳥、小動物と幅広く与えることができる餌です。

 

ただ気をつけて欲しい点が一個あります。

 

それは、必ずしもグラブパイだけでヒョウモントカゲモドキ飼育ができる訳ではありません。

 

全てのいきものには個体差があり、ヒョウモントカゲモドキのなかにも、グラブパイが大好物の子もいれば、苦手な子もいるということです。

 

だから、もし虫が嫌いだからグラブパイだけで飼おうと思っても、もしかしたらその生体はコオロギしか食べないこともあるということです。

 

あくまでコオロギも併用してレオパを育てていくという風に考えておいたほうが良いでしょうね。

 

よくコオロギに飽きて食べなくなった!という話を聞きますが、もしかしたら逆に、グラブパイばかりあげていると飽きる可能性もあります。

 

このあたりは個体差がある為、なんとも言えませんが覚えておいて損ではありません。

 

 

だからこそ、このサイト内で解説しているように、賢く値引きしてグラブパイを飼うことで、お財布を痛める心配が不要になります。

 

プラケースや水入れ容器、パネルヒーターなど色んな買い物がありますが、そのなかでもグラブパイは値段が張る爬虫類食品です。

 

もしその生体が食べないことも考えて、安くゲットするのが無難でしょう。

 

少し不安にさせてしまうようなことを書きましたが、それでもやはりグラブパイが大好物の個体のが多いのが実際のようです。

 

だから、もしまだグラブパイを試していないのなら、ぜひ愛する生体の喜ぶ表情が見たい方は検討してみてください。

 

きっと、目をカッ!っと開いて喜んでくれる姿が見られるかも!?